So-net無料ブログ作成

労災申請の仕方 パワハラ・セクハラを受けた場合 [労災申請の仕方 パワハラ・セクハラ]

労災申請の仕方 パワハラ・セクハラを受けた場合マニュアルではパワハラ・セクハラを
受けた場合における労災認定を受けるポイントを
それぞれ別立ての章でくわしく解説しています。


→労災申請の仕方マニュアルの章立てなど詳しくはコチラから


特にセクハラは厚生労働省の検討会が平成23年6月23日、
新たな基準案を示しました。
それにより(職場における心理的負荷の強度)では、被害者が受けるストレスの度合いは、
原則、中程度と評価され、うつ病などに追い込まれても因果関係が証明できない
としていた以前の姿勢から大きく変わろうとしています。


労災認定を受けるための申請のポイントは
セクハラやいじめ、嫌がらせなどによってあなたがストレスを強く感じたことを認定させることです。

うつ病の労災認定で悩んでいる方はこの教材を読んで、是非労災申請を検討してみて下さい。


この教材が他の労災認定のためのマニュアルとことなる最大のポイントは
労災認定されるかどうかの見込みをマニュアルの特典ある
無料メールを使って特定社会保険労務士である三嶋道明さんに相談することが
出来るという点にあると思います。


労災認定されるかどうかの見込みを三嶋道明さんに質問し、その回答を
元に行動をしていくことができるのは購入者にとって大きな助力になると思います。


三嶋道明さんのうつ病で労災認定を受ける方法詳細はコチラから

共通テーマ:健康
広告スペース
Copyright © 労災申請の仕方 鬱病 パワハラ All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。